やることがたくさんあって何から手をつけていいか分からない時

最終更新日

Comments: 0

ここ数日前までの私の状態がまさにこれでした。

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」
「効率的にやるには何からやればいいのかな?」
「そもそも他にもっとやり方があるんじゃないか」

などと頭で考えてしまって結局作業が進まない。

まるでフリーズ寸前のパソコンのような状態でした。

 

『優先順位をつける』といいというのもよく聞きますが、
の私の場合、
やることが多すぎて優先順位さえも分からず、パニックに。

 

けど、それがいけないと気づいた。

だいたい手が止まってしまったり、めんどくさいと思うときは、「優先順位」や「効率化」を考えすぎてしまっているから。

優先順位をつけず、効率化も考えず、
地味で細かい作業だとしても、思いついたことから

『すぐにやる。』

すごく単純な思考ですが(笑)

一見重要度が低いものであっても、後回しにしてしまうから、つもりつもってパニックになってしまう。

地味で細かい作業であっても、パズルを完成させるにはどれも確実に必要なピース。

じっとピースを眺めて考えるのではなく、とにかく手を動かす。

フリーズ寸前の時は、その方がよっぽと効率的だと気が付きました♪

 

ハイスペックのパソコンのような頭脳でない限り、労力を最小限に
、出資も最小限に、と考えすぎてしまう時間の方が結局ムダになってしまうなぁと。

本屋さんのビジネス書の見出しであった「とにかく手を動かせ」
という言葉、まさに、と実感する今日。

立ち止まって考えることも大事だけど、パンクしそうなときは

「深く考えず、粛々と」やる。

少しでもやる事が減ると、思考がすっきりしてきます。

Avate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする